百姓いっきについて

平均年齢31才野郎ばかり6名で運営

ミッション

 

地元を盛り上げ、南小国町の起爆剤へ

 

中山間地の地元農業でも安定した確実な利益を出し続ける仕組みを作る!

(新たな中山間地ならではの農業スタイルの確立)

 

そして、常に『楽しく』する。

百姓いっき

百姓いっきの成り立ち

創立2005年

 

当時小国郷4HC一志会の朝市事業でやる気のあるメンバーだけで独立。

既存の組織では、活動に制約が多いため本当にやりたい事が出来ない事に気づく。

若い年代が集まっているので、今出来る事!あらゆる可能性に挑戦していきたい

 

って集まった集団

 

南小国町で次世代農業集団『百姓いっき』

 

黒川温泉での月2回(第2、4日曜日)の朝市をはじめ

 

数多くのイベントに出まくる集団です(#^.^#)

 

南小国町の特産品開発の一貫としてジャンボにんにくの栽培に取り組む。

 

活動理念

 

『農魂注入』

 

私たちは、農業の楽しさを関わった方々に注入します。

 

私たちは、農業を通して地域に活力を注入します。

 

私たちは、農産物に安全安心を注入してまいります。

 

メンバー

総帥   :佐藤 勝明

 

少佐   :佐藤 豊和

 

大根部長 :???(FB未登録)

 

管理人  :井 正恵

 

爆弾処理班:井野 寛之

 

力自慢  :ボブ(FB未登録)

百姓いっき

~百姓いっき~由来

『百姓』=農家・農業者・農に携わる者

 

『いっき』=

一輝(ひとつでも輝く)

一気(若いパワーで一気に進む!)

一起(ひとつでも何かを起こす)

一喜(動くことによりみんなに喜びを)

一揆(農家による農家に対する一揆発動)

新米 あきげしき
おぐにんにく
おぐにんにく
おぐにんにく 黒
百姓いっきQR